コンテンツへ移動

ruby-ML ななめ読む [ruby-dev:48114-48116] / [ruby-core:62110-62117]

2014/4/22 01:25:27

[ruby-dev:48114] by Nobuyoshi Nakada:#9765
[ruby-dev:48115] by Nobuyoshi Nakada:#9765
[ruby-dev:48116] by Nobuyoshi Nakada:#9765
[ruby-core:62110] by Nobuyoshi Nakada:#9761
[ruby-core:62111] by Steve R:#9764
[ruby-core:62112] by Steve R:#9764
[ruby-core:62113] by DAISUKE TANIWAKI:#9766
[ruby-core:62114] by DAISUKE TANIWAKI:#9766
[ruby-core:62115] by tadayoshi funaba:#9764
[ruby-core:62116] by tadayoshi funaba:#9764
[ruby-core:62117] by tadayoshi funaba:#9764


#9761

TRY_WITH_GC と ruby_gc_stress


[ruby-core:62110]
by Nobuyoshi Nakada

チケット操作、状態をフィードバック待ちに。xmalloc と xcalloc は ruby_gc_stress セット時には objspace_malloc_increase() で GC を呼ぶけど、xrealloc も加えたいってことなの?それともフルマークしたいってことなの?とのこと。

r43257 を見る限り、full_mark というのはつまりメジャー GC のことであるように見受けられます。それはいらんでしょうねえ。


#9764
(新規)
Date/DateTime#strftime/strptime が正しく週や %G を変換しない


[ruby-core:62111]
by Steve R

Date/DateTime#strftime/strptime が(第何週かを表す)%U を(期待通りには)サポートしていないよ、(1)Date.new(2013,12,30).strftime(“%G %U”) が “2014 52” になったり(2)Date.strptime(“2014 01″,”%G %U”) が週のはじめの日曜日ではなく月曜日の 2013-12-30 になったり(3)それぞれ異なるはずの Date.strptime(’00 2014′, ‘%U %G’) や Date.strptime(’00 2014′, ‘%W %G’) や Date.strptime(‘2014W011’, ‘%GW%V%u’) が全部 2013-12-30 になるよ、とのこと。


[ruby-core:62112]
by Steve R

ruby 2.0.0p451 [x86_64-darwin12.5.0] でも同じだったよ、とのこと。


[ruby-core:62115]
by tadayoshi funaba

チケット操作、担当者をメンテナであるふなばさんに、優先度を低に。


[ruby-core:62116]
by tadayoshi funaba

まず「週」には “%G %V %u”(I型) と “%Y %W %u”(E型) と “%Y %U %w”(R型) の3種類あることを知らないといけないよ、strptime はほかの方法(組み合わせ?)も頑張ろうとするけど、基本的にサポートされるのはこの3つだけだよ、とのこと。
I型では 2013-12-30 は 2014-1 の第一週のはじまりの月曜日とされ、E型では 2014-1-1 が 2014-1 の第 0 週の始まりの日で 2014-1-5 が同週の最後の日曜日とされ、R型はE型とほぼ同じだけど週を日曜始まり土曜終わりと区切るよ、とのこと。
(1)は(組み合わせが)意味がないし、(2)は %U が %G でアライン出来ずに %U が無視されてるだけだよ、(3)は E型では月のはじめの週(に属していない)の月曜日を指定しても存在しないのが理由だよ、とのこと。

(3)がおかしい。たぶん質問の方もあわせて誤読している。


[ruby-core:62117]
by tadayoshi funaba

Reject。


#9765
(新規)
StringIO#putc がエンコーディングを無視する


[ruby-dev:48114]
by Nobuyoshi Nakada

IO#putc はエンコーディングを気にするのに StringIO#putc は気にしないよ、とのこと。


[ruby-dev:48115]
by Nobuyoshi Nakada

Markdown 修正。


[ruby-dev:48116]
by Nobuyoshi Nakada

クローズコミット。


#9766
(新規)
csv に force_encoding オプションが欲しい


[ruby-core:62113]
by DAISUKE TANIWAKI

csv#generate を Shift-JIS オプションで使ったら困ったことになったよ、
長期調査してみたところ UTF-8 と Shift-JIS の互換性の問題で、UTF-8 な行が csv インスタンスに add されて全体が UTF-8 に変換されているよ、SJIS を指定したら UTF-8 に変換せず SJIS のままでいるべきだよ、とのこと。

はしょった。ので詳しく知りたい方はチケット参照。


[ruby-core:62114]
by DAISUKE TANIWAKI

すべてのバージョンの ruby にマージされるといいなと思うよ、とのこと。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。