コンテンツへ移動

ruby-ML ななめ読む [ruby-dev:無し] / [ruby-core:61997-62001]

2014/4/13 09:35:08

前回に実質二日分やったようなもんなので今回は少なめ。
(2014/04/13 追記) Martin 先生の名前が化けてると指摘を頂いたので修正。基本的にウムラウトとかは取っ払って ASCII 表記にするようにしています。

[ruby-core:61997] by Yukihiro Matsumoto:#9453
[ruby-core:61998] by Nobuyoshi Nakada:#9443
[ruby-core:61999] by Martin Durst:#9443
[ruby-core:62000] by Alexey Muranov:#6869
[ruby-core:62001] by Dieter Komendera:#9657


#6869

引数 “_” を特別扱いしてほしくない


[ruby-core:62000]
by Alexey Muranov

“_” のプレースホルダ的扱いって他の言語でも(Vim のブラックホールレジスタとか Haskell のワイルドカードとか)よくあることだけど、あくまでプレースホルダだから書き込めるだけで読み出せないのが普通だよ、と考えると “_” をプレースホルダに「格下げ」するのはどうかな、とのこと。

“I do not like exceptions.” というのが発端だったように見えるので、プレースホルダにしたところでそれは全然解決されてないような。何か読み違えているのでしょうか。


#9443

prepend しても alias されたメソッドはそのまま呼び出せてしまう


[ruby-core:61998]
by Nobuyoshi Nakada

Ruby の alias は同じメソッド定義を参照するよ、もしかして Forwardable したいってことかな、とのこと。

“Probably what you want would be”、ニュアンスをうまく表す簡潔な訳が思いつかない。「もしかしてあなたの欲しい(あるいは欲しかった)のは」じゃあまりに直訳すぎて日本語らしくない。


[ruby-core:61999]
by Martin Durst

チケット題名の typo 修正。


#9453

attr 等が定義したメソッド名のメソッドを返してほしい


[ruby-core:61997]
by Yukihiro Matsumoto

Module#private がメソッド名の配列を受け付けるようにするっていうのはいいアイデアだと思うけどそれはまた別の話だよね、とのこと。


#9657

bigdecimal/util.rb の Float#to_d で SEGV


[ruby-core:62001]
by Dieter Komendera

(2.2 より前のバージョンで修正が動かない、とのコメントを受けて)Bigdecimal って個別の gem でリリースされてたはずだから、2.2 より先にリリース出来るんじゃないの?とのこと。

このコメントから考えるとやっぱり「2.2 未満で修正が動かない」ではなく「修正は 2.2 未満には入っていない」と読むべきだった気がしてきた。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。