Skip to content

2012/2/20 21:41:49

例えば。直前の呟きについて「やっぱ今のなし」とか「あー嘘嘘冗談」などと否定することは、ままあると思う。直前の、否定された呟きをA、否定した呟きをBとする、発言者をaとする。さて、観測者bが全然別の呟きC(発言者はa)をリツイートし、その後にBをリツイートすると、さて?ぱっと見、aは呟きBによってCを否定しているように見える。

考えてみると、これは否定に限らず。直前の呟きに言及している呟きをうまく繋くならば似たような犯行が可能。

またそういった悪意がなくとも、呟きD→リツイートE→Eに言及する呟きFとすると。(リスト表示など)リツイートを含まない表示の場合はFはDに言及しているように見えてしまう。大体の場合は意味が通らないから「ああ、ここでリツイートをはさんだんだな」と推測することができるが、もし意味が通じるような文の繋がり方をしてしまったら。そして不本意な解釈をされてしまったら(いや偶然の産物に本意などある訳もないのだけれど)。

ああ恐ろしい。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。